Jinmenusagiのsoo gooこんなにもエロいんです

曲紹介

Sweet WilliamとJinmenusagiの楽曲を紹介

ピアノの旋律とビート、Jinmenusagiのセクシーさ満載の声に

何回も聞き入ってしまう曲

とりあえず二人の簡単な経歴を紹介して

早速聴いてみて

Sweet William (左)
1990年、愛知県生まれのビートメーカー/プロデューサー。ブラックミュージックへの深い造詣と愛を下地に、少年時代より愛聴していたエバーグリーンな日本のポップスをかけあわせた、黒さ・品性・メロディアスなアレンジが高次元で共鳴する楽曲を生み出し続けている。


Jinmenusagi (右)
1991年生まれ、東京都出身のラッパー/ビートメイカー。中学時代にエミネムやエイコンに影響を受け、ヒップホップに傾倒。ネット上に楽曲をアップしながら、ラップ活動を開始。2012年の1stアルバム『SELF GHOST』以降、矢継ぎ早に作品を手掛け、2017年までコラボレーションアルバムを含め8枚の作品をリリース。同年にAIのアルバム『和と洋』とツアーへの参加を果たす。圧倒的なスキルと独自の感性で生み出すそのラップスタイルは熱心なヘッズからコアな音楽ファンに至るまで幅広く称賛を集めている。また、近年はモデルとしても活動しておりマルチな才能を発揮している。

Sweet William & Jinmenusagi – so goo (Official Music Video)

She told me I’m a player

No, I’m not ok the other

Yes, I’ll call you later

because I watched you by my porn

I just wanna fuck you so goo

I just wanna fuck you so goo

I just wanna fuck you so goo

I just wanna fuck you so goo

誰でもいいけど 誰でもいいってわけじゃないんだ

“寂しい”ってサインだ

どうでもいいけど 本当はどうでもよくないんだ

伝わらないんだLINEじゃ

待ってるモーテル

今夜だけは不味い酒で酔える

君はメーテル

俺は君の流す血さえ飲み干せる

そわそわする23時

部屋干しのブラとパンティ

眠れないよ朝の3時

迷い込んだ先ジュマンジ

未来も過去も 浮気な若者 けだものだもの

You shoulda been my 彼女

もう誰かのもの それだけのこと

She told me I’m a player

No, I’m not ok the other

Yes, I’ll call you later

because I watched you by my porn

I just wanna fuck you so goo

I just wanna fuck you so goo

I just wanna fuck you so goo

I just wanna fuck you so goo

Letcha message at the dawn

Stay back, you’re like a best friend

Get the fuck out of my zone

The fault that you’re my best friend

哀愁乗せて走る田都

川を越えた先で待ってるTHE END

雨音少し破廉恥

寝苦しいよ今は何時

部屋は薄暗いオレンジ

忘れられないこの感じ

走馬灯を脳裏 空腹のように やってくる病気

そういうのはもういい

Could you date one day only?

俺はMr.Lonely

She told me I’m a player

No, I’m not ok the other

Yes, I’ll call you later

because I watched you by my porn

I just wanna fuck you so goo

I just wanna fuck you so goo

I just wanna fuck you so goo

I just wanna fuck you so goo

so goo

色っぽいよね

いかがでしょうか

Jinmenusagiの魅力に気づいてしまった方は

ライブへGO!!!!

コメント